FOCUS

2018 Spring & Summer Collection
-Making scenes of catalog (Vol. 2)-

18/02/26

1.今回は、前回ご紹介しました、2018 Spring & Summerカタログ撮影メイキング(Vol.1)に引き続いて、Still(スチール)撮影のメイキングシーンをお届けいたします。

Still(スチール)は、前シーズンに引き続いてカメラマン: 魚地武大氏にオファー。昨年11月某日、魚地氏の代官山のスタジオをお借りして撮影に入りました。

ウィメンズ「Spring Style Fair 」のノベルティ: ボタニカルジェルの撮影の様子。

魚地氏は絶妙な照明調整と低い姿勢でレンズ角度を定めています。

出来上がった画像はこちら、

(左)イエロー系: ベルガモットの香り

(右)グリーン系: グリーンアップルの香り

フレグランスジェルの中にMcGREGORのシーズンテーマに合わせて可愛らしいボタニカルがグラスに入っています。


2.今回メンズのプロモーション強化『FUNCTIONAL CLOTHING』。

1カット=見開き1ページの打ち出しのため、特殊機材で高い位置からの撮影。

プロモーションのタイトル『FUNCTIONAL CLOTHING』どおり、

魚地氏は機能素材アイテム群の特徴が伝わりやすいように、計算された凹凸やドレープを形状しながらセッティング。

・“ウォッシャブル” =アウターやジャケットでも家庭洗濯で洗える。

・“ストレッチ”=快適な着心地を実現するストレッチ機能。

・“イージーケア”=特殊縫製により型崩れしない・縫い目のシワが気にならない。

・“撥水加工”=生地の表面がしっかりと水分を弾く。

以上、4機能のアイテムを特殊機材で高い位置から撮影しています。


3.同時に『FUNCTIONAL CLOTHING』の紙面レイアウトを2名のアートディレクターが何度もモニターで確認しながら調整していきます。

商品を並べ替えたり、数センチ移動させたりと一番神経をつかう1カット撮りの時間。


4.メンズの初夏に向けてのプロモーションは、『Cool Blue』のタイトルで撮影。

爽やかなブルーやインディゴのアイテム群をバランス良く並べて、こちらもモニターで調整して紙面レイアウトを整えていきます。


5.(A)ウィメンズは、去年から引き続いて好評の『Madras Check Style』の打ち出しをカラーやスタイリングのバリエーションで表現。

(B)『Resort Set Up Style』は、前回(Vol.1)ご紹介しました、

アメリカのレインスプーナー(reyn spooner)の素材を使用したスタイリング。

ヴィンテージ風のリーフやフラワープリントのカラーバリエーションを表現。


6.(A) 2016 Fall & Winterから引き続き、今回もカタログ制作のご協力をいただきました、Lake Tajo様のマネージャーの伊比麻衣子さん、アートディレクターの渡邉諭さんとのスナップ。

前回(撮影メイキングVol.1)ご紹介しました早朝のロケ撮影や今回のStill(スチール)撮影、カタログが出来上がるまでの期間中たいへんお世話になりました。

(B) 朝から約60~70アイテムを撮り続け、遂に最後の撮影画像をディレクターチェック→OKしている様子。

(C) 全撮影終了後、安堵の笑みを浮かべるスタッフの表情はとても素敵です。

画像左からMcGREGOR WOMENS MDの澤泉さん、WEB・マーケティングの高橋さん、McGREGOR WOMENS MDの井川さん、プレスの長谷川さん。

(D) 左から2番目McGREGOR MENS MDの木下さん。

只今、McGREGOR MENS、McGREGOR WOMENSのショップでは、新作春物が多数ラインナップに加わっております。

皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。