FOCUS

McGREGOR WOMENS -CONCEPT LINE-

17/10/14

Vol.3 PARIS BUYING

 

日増しに秋の深まりを感じる季節となり、朝夕はめっきり涼しくなりました。

これから本格的な冬の装いをむかえるにあたって、コーディネートがアップデートする、

今年1月にパリの展示会でセレクトしたアイテムを

前回の「Vol.2 PARIS BUYING」に引き続き、ご紹介させて頂きます。


1.Glen Prince (グレン プリンス) @Premiere Classe

英国のGlen Prince (グレン プリンス)は、自国の歴史と共に、優雅さと伝統を兼ね備えたコレクションを毎シーズン発表しています。

イングランド南西部の州名「Sumorsaete: 夏の人々の場所」の意味から来ているSomerset(サマーセット)で、Mark Lovell氏(画像中央)によって設立されました。

設立以来、品質とサービスの卓越性の原則を守り、顧客の期待と共に英国の高品質アクセサリーサプライヤーの一員として国際的に認められています。

軽量でカラフルなソフトシルク・ファインコットン・リネン、その他多くの非常に柔らかい糸をブレンドしてコンテンポラリーな新しいデザインを取り入れつつ、

先祖から何世紀もの伝統を継承した最高級のスコットランド織りや

上質なカシミア・ラムウールのツィード・タータンチェックの柄織など英国のアイデンティティを絶えず保持しています。

設立者=Mark Lovell氏はこう述べます:

「Glen Prince (グレン プリンス)はビジネスにおいて多くのことを発見し、さらに学ぶためにすばらしい旅を続けています。

シンプルに“楽しんで” ”興味を持って” ”感心する”

私たちが訪れる場所で見ている全てのもののように、どこにいても幸せな人々がいっぱいであるように願い、そして、そうなるように協力することだけです。

私たちのチーム、友人、愛する人たち、クライアントの熱意を感じるとき、私たちが何を貢献したかを感じることに誇りを持っています。

それらについて考えると、私の顔は自然と優しい微笑みを浮かべています。」


2.シルクとウールの細番手糸で織られているため、肌触りが良く軽量で柔らかく、カラフルでコンテンポラリーなシリーズの大判ストール。ドットやハートの連続柄で

この時期、無地セーターなどの上から巻くとお洒落なコーディネートに仕上がります。


3.スコットランドのファクトリーで織られた、ラムウールとカシミアの糸をブレンドし表面がふんわりと起毛した上質な大判ストール。

英国の伝統的なチェック柄と無地のリバーシブル仕立てになっているため、様々なシーンでコーディネートが楽しめます。


4.(左) スコットランドのファクトリーで織られた、メリノウールとアンゴラの糸をブレンドした、トレンドカラーのモスグリーンとダークブルーのストライプ柄でウォーム感たっぷりのストール。こちらも無地とのリバーシブル仕立てになっており、WOMENS & MENS共通でコーディネートが楽しめます。(右) 上質なラムウール100%で織られた、スコットランドの伝統的なタータンチェックストール。こちらもWOMENS & MENS共通でコーディネートが楽しめます。


5.(中央) 上質なメリノウールとカシミアの糸をブレンドし表面がふんわりと起毛したベーシックな中に品の良さが漂うストール。グレンチェックとハウンドトゥースの英国伝統柄でこちらもWOMENS & MENS共通でコーディネートが楽しめます。(左右) Glen Prince:Autumn/Winter 2017 Collectionのヴィジュアル。


6.Big metal London(ビックメタル ロンドン) @Premiere Classe

ビックメタルロンドンはジュエリーメーカーとして設立から30年経過し、今では英国のファッションジュエリーの主要サプライヤーとなりました。

責任者のJames McGrath氏(画像:左上)はこう述べます:

「私たちは様々なジュエリー技術を試み、常に最新の技術改革と材料を使って作業するよう日々奮闘しています。

活気に溢れたロンドン中心部にコミュニティの本拠地を置くことは、市場に迅速に対応することができます。そのうえ、多くのインスピレーションが得られ、最新のトレンドを予測することもできるという好条件が揃っています。

私たちの目的は、高品質の製品だけでなく、良い価値を提供することです。

全ての背後には物語があり、それらは多くの創造性、熱意、そして多くの満足感があります。」

(左下)トレンドモチーフのリーフ(葉)を極めて細く繊細なメタルで表現。

リーフ表面の細かい筋やカーブまでもリアルに細工されているペンダント。

(右上下)その他のデザインもシルバー・ゴールド・ピンクゴールドなどのメタルを使用し、肌に負担をかけないように軽量且つ繊細なトレンドモチーフデザインで展開。


7.(左上) 責任者のJames McGrath氏の隣の女性はBig metal Londonのデザイナー。

(中央) Big metal London Collectionの今季ヴィジュアル:(自然界の様々な植物からのインスピレーション)


8.AMBIANCE Paris(アンビアンス パリ) @Premiere Classe

「情熱・人生・出逢い」AMBIANCEを表すのに相応しい言葉です。

デザイナー&スタイリストのNeomiさんと何代にも渡るシューズ製造業一家に生まれたDavid氏によってAMBIANCEは2009年に立ち上げられました。

デザイナーNeomiさんは自分のデザインを表現したい場所にパリを見つけ、パリに居を構え、シューズのスタイリストの修行を始めます。

シューズを作ることに深い情熱を見出します。スペイン、イタリアそしてアジアへビジネスを開拓していきました。

デザイナーNeomiさんはこう述べます:

「シューズは人間の情、感動、そして全ての瞬間を表すオブジェであるとの信念のもと、最高のフォルム・材質・レザー・ヒールを用いたコレクションを常に発信しています。」

(左) AMBIANCE Parisセールス責任者

(右・中央) 牛革リザード型押しベルト巻がトレンドのハーフブーツ。カラーも秋冬注目のネイビーカラーとグレージュのスエード(牛革)をセレクト。甲高のフォルムになっており、日本人の足のかたちにフィットして、履き心地の良いデザイン。


9.切り替えシームがデザインポイント+バックZIP UPのハーフブーツ。こちらも甲高のフォルムになっており、日本人の足のかたちにフィットして、履き心地の良いデザイン。

(左) 秋冬のトレンドカラーが揃うBOOKから、注目されているコニャックカラーとシックなダークブラウンのスエード(牛革)をセレクト。


今回掲載しましたセレクトGOODSは、

McGREGOR WOMENS 大阪タカシマヤ、小田急百貨店 新宿店、熊本上通り店でお取り扱いしております。

皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。

Vol.1から今回のVol.3まで PARISでのバイイングをご紹介させていただきました。

現地時間:中3日間というハードなスケジュールをこなし、ようやく最終日の夜に今回PARISで取材含めご協力いただきました、

(画像:左下) HAKKA PARIS様:ゆかりCapelleディレクターお勧め(パリで最新トレンド)の16区Avenue de New York(ニューヨーク通り)にある素敵なレストランで至福のひと時を過ごすことができました。

(画像:右下) 帰国の航路で。トランジットのためフィンランドの首都ヘルシンキ・ヴァンター空港周辺上空。真っ白な雪に覆われた見事なまでの銀世界はとても幻想的でした。

この特集ページ制作にあたり、現地パリにて取材のご協力をいただきました、HAKKA PARISの皆さま、各サプライヤーさまに深く感謝申し上げます。

*各サプライヤーさまの写真は許可を得て掲載させていただいております