FOCUS

100th Anniversary “About McGREGOR ” vol.1

21/04/23

マックレガーは2021年4月25日で創業100年を迎えます。

この機会にマックレガーブランドの歴史をいくつかご紹介いたします。

 

◆McGREGORのルーツ

 

マックレガーは1921年にニューヨークで創業しましたが、創業者デヴィッド・ドニガー氏のルーツはスコットランドにあります。

当時の米国において、スコットランドのマックレガー家に伝承された紋章や柄を使った衣料商を始め、徐々に大衆の支持を獲得していきました。

 

輸入商時代に使用されたダイレクトメール

 

濃色部分スコットランド
矢印の場所がマックレガー家ルーツ

 

 

~マックレガー家の歴史~

スコットランドからローマ人が撤退後、6世紀頃にスコットランドに定着した種族は5種族。その中で6世紀の初め、島の西海岸に来往して現在アーガイルとなっているダルリアダ王国を建設したスコット人とピクト人の二つの有力な勢力は、3世紀にわたり勢力争いが続けられていました。

9世紀の半ばにスコット族のケネス・マックアルピンの即位によりアルピン王朝が生まれてスコットランドは統一されました。

このスコット族の中で最も有名なアルピン氏族をさかのぼって、8世紀の王の子息の一人「グリゴル」が、マックレガー家のルーツと言われています。

その後の動乱、闘争の中で、マックレガー家の名が剥奪されるなどの波乱万丈の歴史の中、1775年に権利が回復しました。

後に氏族の集会が開かれ、グレンスター家の子孫であるジョン・マーレイ(後のジョン・マックグレガー卿)がチーフとして承認されました。

(The Clans and Tartans of Scotland 日本語翻訳版より引用)

 

 

MACGREGOR マックグレガー家とは
(文献ではMACGREGORと表記)

・名称の起源 Gregoryの息子(信徒)  Macは息子・子孫という意味 氏族は8世紀のアルピン王の息子グリゴルの子孫
・紋章 ”ブラックライオン”
捧げられた獅子 古代の王冠をかぶったもの
・モットー 王家は我が一門である”Srioghal mo dhream”
高地氏族の中で最も有名な氏族アルピン分家という誇り

 

 

ハウスチェック

マックレガー家のタータンは、赤色が深いぶどう着色に変わると表現され、現在も狩猟タータンとして広く普及しています。
現在ブランドで使用するハウスチェックについても、格子やペインの配列パターンを守りながら、シーズンカラーを付けた表現をしています。

2021 100th Check

 

100周年シンボルマーク

ブランド伝統のブラックライオンのCREST(紋章)を現代的な解釈で抽象化し、そこに水引きのイメージをミックスしたシンボルマークになっています。
水引きにはヒモを引いて結ぶということから「人と人を結びつける」という意味が込められています。

 

☞100thフェアサイトはこちら

 

 

 

◆McGREGOR ブランドの歩み

 

・1875年 創始者デビッド・ドニガー(David D.Doniger)がイギリスに生まれる。その後、デビッド・ドニガーは1888年にアメリカに渡る。アメリカに渡った後、帽子の販売を手掛ける。

・1914年 アメリカ政府のテキスタイルコンサルタントとして活躍。

・1918年 スコットランドからゴルフソックス、ニッカポッカーズ、帽子などを輸入販売。イギリス伝統のマックレガー家のチェック・王冠・紋章を商品販売のPRに活用する。

・1921年 マックレガーブランドをスタート。

・1944年 スポーティでクリーンなマックレガーのスポーツウェアが、エスクワイアやN.Y.タイムズなどの誌面に掲載され、注目を集める。

・1945年 「ドリズラージャケット」を発表し大ヒット。

 

・1949年 「アンチフリースジャケット」を発売

・1955年 映画「理由なき反抗」が上映され、ジェームスディーンがアンチフリースジャケットを象徴的に着用

・1957年 著名ファッションイラストレーターのルネ・グリュオーとの広告コラボレーションを展開

・1959年 ニューヨーク5番街666番地に「McGREGOR-DONIGER.INC」社としてショールームをオープン

To be continued..

 

 

オンラインストア

☞メンズマックレガー

☞ウィメンズマックレガー